▼ ピックアップ!


301 Moved Permanently

Moved Permanently

The document has moved here.


Apache Server at www.url-manager.net Port 80


▼ アルツハイマー病の予防策1

アルツハイマー病を予防するには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。

塩分や動物性脂肪を控え、バランスの良い食事を心がける。
適度な運動をして、足腰を丈夫にする。
深酒とタバコはやめ、規則正しい生活を心がける。

この三点を心がけることが、アルツハイマー病の予防につながります。

日本人の塩分の一日の摂取量は、10グラムが良いそうですが、現在の日本人の塩分摂取量は、多くなっています。
高血圧やたんぱく尿のある人は、塩分摂取量は、一日6グラムを目安にしましょう。
また、高血圧などのない健康な人であっても、塩分の取りすぎには気をつけなくてはなりません。
日本人が好んで良く食べている味噌汁は、塩分を多く含んでいます。
塩分摂取量の差は、食べる味噌汁の量によるものだとも言われています。
味噌汁を食べる場合、薄味で具を多くするなど、工夫して食べましょう。
その他、塩分の多い漬物、煮物、焼き魚などを食べ過ぎないように心がけましょう。

日本人の摂取する脂肪の量は、一日50~70グラムが目安です。
動物性脂肪を摂取するよりは、植物性脂肪を摂取するほうが、健康のためには望ましいですね。
糖分を摂取しすぎると、中性脂肪が増えて肥満になってしまいますので、糖分の取りすぎにも気をつけたいですね。
野菜や海藻などを多く取るようにして、バランスの良い食事をし、ビタミンや良質なたんぱく質を取ることがアルツハイマー病や認知症の予防には大切なのです。

また、適度な運動で、足腰を丈夫にすることがアルツハイマー病の予防に役立ちます。
歩くという動作は、脳の様々な場所を使い、脳の代謝と循環を活発にしてくれます。
ということは、歩行が困難になると、知的機能が低下するということなのです。
年をとっても歩くことを心がけて、脳を使い、アルツハイマーなどの予防に努めましょう。

歩くことだけでなく、手を使うことでも脳を鍛えることができます。
料理をしたり、絵を描いたり、手の機能を衰えさせないようにして、アルツハイマー病を予防しましょう。

アルツハイマー病の頻度と深酒の有意な関係は認められていませんが、一日3合以上の飲酒歴のある人は、アルツハイマー病になりやすい傾向が認められています。
そのため、深酒はやめたほうが良いでしょう。
喫煙もまた、脳血管性痴呆の危険因子になります。
飲酒や喫煙が原因の認知症は、すぐに起こるものではないので、若い頃から控えることが大切です。
若い頃からお酒の飲みすぎを控え、禁煙し、規則正しい生活習慣を送ることが、認知症やアルツハイマー病の予防になるのです。
また、深酒は脱水症状を起こしたり、転倒のきっかけになったりするので、そうならないためにもお酒を飲みすぎないようにしましょう。

アルツハイマー病の予防策は、アルツハイマーだけでなく、健康な体を維持することにもつながります。
様々なことに気をつけて、アルツハイマー病を予防しましょう。

▼ アルツハイマー病の予防策2

アルツハイマー病の予防をするには、生活の中の様々なことに気をつける必要があります。

生活習慣病予防と早期発見、早期治療。
転倒の防止。
興味と好奇心を持ち生活する。
考えをまとめる習慣をつけ、その考えを表現する習慣をつける。
細やかな気配りを忘れず、良い人付き合いを心がける。

以上のことに気をつけるようにすると、アルツハイマー病の予防につながると思います。

生活習慣病が悪化して起こると言われている動脈硬化は、高血圧、高血糖、高コレステロールなどの生活習慣病を予防し、早期発見し適切な治療をすることで防ぐことができます。
脳の動脈硬化を防げれば、認知症、アルツハイマー病の発生を防ぐことができます。
定期的に健康診断を受け、肥満を防ぎ、運動する習慣を身につけましょう。

転倒の防止が、なぜアルツハイマー病の予防になるのでしょうか。
それは、転倒による頭の打撲がアルツハイマー病を招く恐れがあるからです。
頭部の外傷は、アルツハイマー病の危険因子として、一番に挙げられているほどです。
普段から運動することを心がけ、転倒による頭の打撲を防ぎましょう。
また、普段からの運動で、もし転倒しても頭を打たないように身をかわす運動神経を養っておきましょう。
室内での転倒にも気をつけましょう。
転倒しないために、階段に滑り止めをつけたり、段差をなくしたり、夜中でも真っ暗にならないようにセンサーつきの照明を付けるなどの工夫をしましょう。

興味と好奇心を持って生活するということは、脳の活性化につながります。
見たり聞いたりしたことを覚えるには、注意と集中力が必要ですね。
ボランティアや趣味を持ち、脳を大いに活性化させたいですね。

考えをまとめる習慣をつけ、その考えを表現する習慣をつけることは、認知症防止につながります。
脳が衰えないように、脳を積極的に使うことが大事です。
テレビを見ることも効果的ですが、眺めているだけの状態では、脳を積極的に活用しているとは言えないので、見た番組の感想をまとめる、批評するといったことをしてみましょう。
また、囲碁や将棋、俳句などの趣味で頭を使い、考えをまとめることが、脳の活性化につながります。
他にも日記や手紙を書くこと、新聞投稿することなども良いでしょう。
楽しみながら脳を使うように心がけましょう。

周りの人に細やかな気配りをして、良い人付き合いを心がけることで、穏やかで楽しい生活ができます。
自分勝手な振る舞いをする人に対しては、周りの人は近づきにくくなり、やがて孤立してしまうことになりかねません。
そのような状態になると、人は心の安定が保てなくなり、アルツハイマー病や認知症の引き金になる可能性があります。
心のよりどころとなるような人間関係の交流の中で、様々な刺激を受けることによって、脳も活性化します。
いざという時に頼れる人がいるということは、安心であり、かつアルツハイマー病や認知症にならないためのものでもあります。

どんな病気に対しても同じことが言えますが、アルツハイマー病や認知症予防のために普段の生活習慣を大切にしましょう。
そして、初期症状を見逃さず、病気の進行を防止しましょう。

▼ 新着情報

301 Moved Permanently

Moved Permanently

The document has moved here.


Apache Server at www.url-manager.net Port 80